自然治癒力を引き出す伝統医療 『 鍼灸 』とは

鍼灸治療は自身が持つ自然治癒力を引き出し

免疫力を高めて病状を改善する治療法

《 鍼灸が適応する症状 》

・肩や腰、膝などの痛み

・ぎっくり腰や寝違え

・日常生活でのケガやスポーツ障害

・動かしづらい五十肩

・頭痛や眼精疲労、めまい

・ストレスからくる自律神経症状

・西洋医学では原因不明とされる症状など

上記に上げたもの以外にも様々なものに鍼灸治療は効果を発揮します

《 なぜ鍼灸治療が効くのか 》

鍼の刺激は身体にとっては異物の侵入=侵害刺激としてとらえられ免疫反応を引き起こします。

それにより施術箇所周辺には白血球が集まり修復作用が生まれます。

いわゆる血液の循環がよくなる状況になります。

これにより新陳代謝が促され、筋肉の緊張を緩めたり痛みを和らげたりする効果が期待できます。

また、施術した部位だけでなく他の部分にも波及効果が生まれることも確認されています。

これらの局所的な影響と全身に対する影響が重なることにより自然治癒力が引き出され、ひいては免疫力も向上することにつながります。

《 鍼灸をとりまく状況 》

「鍼は痛い。灸は熱い」「治療費が高い」などという先入観を持たれがちですが、鍼灸大学の調査によると、鍼灸治療を年1回受けた方は6~7%、生涯で1回以上受けた方は約32%と言われているくらい鍼灸は身近な治療法になってきています。

近年、鍼灸や東洋医学は、日本だけでなく特に欧米で非常に注目を集めています。

アメリカでは公的医療制度がないため、西洋医学に比べ医療費のコストが安く副作用の少ない鍼灸治療が選択肢の一つとなってきています。

WHO(世界保健機関)は、「鍼灸療法は病気に対する効果と科学的根拠を認められる」とし、2008年にはツボの名称や経穴の位置が統一され、世界基準の療法として、今では鍼灸治療が認められています。

日本でも大学病院など東洋医学科を設けるなど鍼灸を取り入れる医療機関が増加しています。

《 Q&A 》

Q: 鍼は痛くない?

A: 鍼の太さは様々ですが、注射針のように太いものではありません。一般的なものは髪の毛くらいの太さです。当院は鍼の刺入時に痛みを感じにくいようシリコンでコーティングされているディスポーザブル(使い捨て)鍼を使用しているので痛みは極力少ないものになっています。

Q: 鍼で感染症などは起こりますか?

 A: 当院の鍼はディスポーザブル(使い捨て)のステンレス鍼を使用しています。また、患部は施術前後に細菌・ウィルスを滅菌できる医療用エタノールで消毒し施術を行っていますので安心してお受けください。

Q: 灸は熱くないのか?

A: 当院の灸は間接灸といって台座の上に灸がのっているものを使用しているので直接皮膚に灸が接することはありません。そのため輻射熱が伝わりますが、間接的に患部を温めるので、やけどのリスクが極力ないタイプの灸を使用しています。熱さに関しては患者様の症状や感受性などを考慮し刺激量を選び施術いたしますのでご安心ください。

Q: 費用は?

A: 当院では症状や部位数により費用を設定しています。

施術部位や費用は、患者様にご提案し、納得していただいた上で施術いたします。

例 : ピンポイントの治療(肉離れや寝違え等) 1,100円~

頚肩コリ 1,650円~

     腰痛 1,650円~

    首、肩、腰 3,300円~

※鍼灸の健康保険の適用について

患者様の症状が適応疾患で、それに対する医師の同意があれば健康保険を使って治療することもできます。

必要書類は当院でご用意いたします。

痛みの治療はもちろんのこと、予防治療というのもオススメしています!

皆さまぜひ一度お試しください

ご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください。

大岡山すみれ鍼灸整骨院

関連記事

  1. スタッフ紹介 伊藤真吾

  2. 紅葉狩りしてきました

  3. 新型コロナウイルス感染防止対策について

  4. スタッフ紹介 髙橋玄輝

  5. 謹賀新年

  6. ランニング

PAGE TOP